SIMカードについて分かりやすく解説!!その使い方と注意点

格安SIM、格安スマホとは???

今まで3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯電話やスマホを購入するしかなかったけど、最近、他の通信事業者からも携帯電話の契約やスマホ自体を購入することができるようになりました。

この通信業者は、自前の通信設備を持ってなくて、ドコモ、au、ソフトバンクから通信回線を借りて携帯電話サービスを提供しているんです。

これらの事業者は、通信設備に対する巨額な設備投資資金が必要ないので、キャリアと比較すると格安の音声通話やデータ通信プランを提供できるんです。

この通信事業者が発行したSIMカードが、「格安SIM」と呼ばれるものなんです。そして、その格安SIMのカードを挿したスマホを「格安スマホ」と呼ばれています。

このサイトでは、格安SIMと格安スマホは、ほぼ同義で使っています。

SIMカードの意味合いが強い場合は、格安SIMと表現しています。

また、この通信事業者を格安スマホ事業者と表現しています。

SIMカードとは

そもそもSIMカードとはなんぞやという人のために、簡単に説明します。

SIMカードは、ガラケーやスマホ、あるいはタブレットの中に入っている小さいICカードのようなものです。

このチップの中に携帯電話番号やキャリア情報が保存されいているんです。このSIMカードがないと、音声通話もインターネットもできないんです。

このSIMカードには、基本的に3種類のサイズがあります。

格安スマホを購入する前には、どのSIMサイズに対応しているかしっかり確認してから購入しましょう。

SIMカードのサイズ

  • USIM(標準SIM)
  • microSIM(マイクロSIM)
  • nanoSIM(ナノSIM)
注意しよう!!
最新のiPhoneでは、最も小さいnanoSIM(ナノSIM)が使われています。最新機種ではサイズが最も小さいナノSIMが採用されていることがほとんどですが、Androidなどの機種によっては、今だにマイクロSIMが使われている場合もあるので注意しましょう。

SIMカードの取り出し方

SIMと取り出しピン

まず、SIMカードを取り出す前には、スマホの電源を切っておこう。

機械音痴の私にもできるの?と思っているあなたでも、SIMカードの取り出しは、以外と簡単!

SIMカードの取り出しには、専用の取り出しピンで取り出すか、爪で引っ掛けて取り出すことができる機種もあります。

専用の取り出しピンは、本体と一緒に付属されているはずなので、購入した時の箱が残っている場合はもう一度箱の中を見てみましょう。

ピンを無くしてしまった場合には、先端が細いクリップなどを利用することも可能です。

さて、取り出し方法は、まずスマホの電源を切ります。

そして、専用の取り出しピンをスマホの側面のどこかに、小さい穴が空いているのが見つかるはずです。

その穴に、グイっとピンを突っ込むと、SIMトレイが顔を出します。

そしたら、あとは手で引き出すだけです。

ほ〜〜ら簡単でしょ?

念のため、SIMカードがどの方向にどんな風に入っていたか、確認しておくと良いと思います。

SIMカードの装着方法

SIMトレイ

SIMトレイ

格安SIMを購入して、手元に届いたら、格安SIMをこのトレイに乗せてあとは手で元に戻すだけ。

SIMカードの向きを間違えないように気をつけましょう。

SIMトレイは、SIMカードの向きと形がピッタリ合うようになっています。

あまり、無理やり嵌めようとせずに、よく形を見てみましょう。

格安SIMとキャリアのSIMカードの違い

SIMカードの違い

基本的に、キャリアのSIMカードと格安SIMカードに形状の違いもなければ、機能的な違いもありません。もちろん、SIMのサイズは、3種類ありますが、キャリアのSIMカードも同様に3種類あります。

気をつけなければいけないのは、見た目は、全く同じように見えるSIMカードでも、「SIMロック」と呼ばれるキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯やスマホが自社のSIMカードしか認識しないように、端末をプログラムしているんです!

だから、格安SIMはそのままでは認識しない場合があるので、要注意です。

SIMロック解除が必要!

SIMロック解除

SIMロックとは?

「SIMロック」とは、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯やスマホは、自社のSIMカードしか認識しないように端末をプログラムしていて、他社の端末で通信サービスを利用できないようになっていることなんです。

なんで?そんなことするの?って思いますよね。

それは、ドコモやau、ソフトバンクが提供する通信サービスの品質を担保するために、きちんと動作検証、品質が検証された端末だけにSIMをロックしているということなんです。

SIMロック解除

でも、実際には、基本的には通信規格やスマホのOS(基本ソフト)も共通化されているので、他の通信事業者でも同じ端末(スマホなど)を使えてしまうんです。

最近、SIMロックを解除することが義務ずけられて、「SIMロック解除」を行えば、そのまま今のスマホを使い続けられるんです。

注意しよう!!
SIMロック解除しても使えない場合もあるので、格安SIMを契約する時には、しっかり対応端末を確認するようにしましょう

あと、中古端末を購入した時は、特に注意が必要です。SIMロック解除を行う際のルールで、契約者本人(端末を購入した人)名義の人でないと、SIMロック解除ができないので、注意しよう。

中古端末を購入する場合には、次の項目で説明するSIMロック解除なしで使うケースを参照しましょう。

SIMロック解除なしで格安SIMが使えるケース

実を言うと、「SIMロック解除」を行わなくても、そのまま格安SIMが使える端末があります。それは、2通りあります

  • 「SIMフリー端末」を利用する
  • 格安SIMの通信規格とスマホ端末の通信規格を合わせる

SIMフリー端末を利用する

「SIMフリー端末」は、その名の通りどこのSIMでも認識することができるんです。まさに、神です。

格安スマホ事業者で買える端末は、だいたいSIMフリー端末になっているので、SIMロック解除は必要ないんです。

格安SIMの通信規格とスマホ端末の通信規格を合わせる

一方、キャリアから購入したスマホでも、SIMロック解除しなくても、格安SIMが使えるケースがあります。

それは、キャリアのスマホ端末と通信規格を合わせることで、SIMロック解除が必要ないんです。

例えば、ドコモのスマホは、ドコモ系通信回線で、auのスマホならau系回線で、格安SIMを契約する時にドコモ系やau系といったSIMプランを契約すれば、SIMロック解除しなくてもそのまま使用出来ちゃいます。

ソフトバンクも同様に、格安SIMの通信回線規格を、その端末を購入したキャリアに合わせることで、SIMロック解除は必要ありません。

SIMカードの種別

SIMカードの種別とは、そのSIMカードに保存されいる契約情報によって、通話SIM(音声通話対応SIM)とか、データSIM(データ通信SIM)のように、通話しかできない、データ通信(インターネット)しかできないようなSIMカードの種別があります。

注意しよう!!
SIMカードの種別を変更する場合は、一旦解約して新しいSIMカードに変更する必要があるので、注意したいですね。 あと、種別にちなんで、SMS対応、非対応のSIMもあるので、契約の際には注意しましょう。