これで一発解決!家族のスマホ代を安くする方法

家族4人のスマホ代ともなると、かなりの金額になります。大手キャリアのファミリー割引を利用しても3〜4万円近く掛かっている家庭も珍しくありません。

家族のスマホ料金だけで月々3〜4万円も支払っているということは、1年間で36万円〜48万円にもなります。私立高校の授業料が払えてしまうくらいですよね。高校によっても授業料は異なりますが。。。

要は、3〜4万円もの負担はほとんどの家庭にとって大きな負担になっているということです。

一方、ただ家計を楽にするだけでいいのでしょうか。

子どもを持っている家庭では、子どもには安い格安スマホを与えておけば良い訳ではなく、子どもが使うスマホの使い方やそのセキュリティなども気になります。

勝手にアプリをインストールしたり、いかがわしいサイトを見たり、出会い系サイトで知らない人とコミュニケーションしたりと心配はつきません。

家計の通信費を下げるために何をすべきか、何を考えるべきか、あらためて考えて見たいと思います。

お母さんにとっては、家計を少しでも抑えたいと頑張っていると思いますので、是非参考にしてもらいたい記事になっています。

家族のスマホ代を安くする方法

家族のスマホ代はそれぞれいくらだ?

まずは、通信費を抑えることについて考えて見たいと思います。

スマホ料金は誰か一人でも大手キャリアの契約をしているのであれば、格安スマホに乗り換えるだけで月々のスマホ代を大幅に安くすることが可能になります。

格安スマホって、「格安」と言われるため安かろう悪かろうのイメージがあるのですが、全くそんなことはなく、回線の質という意味でも大手キャリアが提供する通信回線と遜色ないレベルだと思います。

もともと、この格安スマホの通信回線も大手キャリアが格安スマホ事業者に回線の貸し出しをしているだけなので、回線自体は全く一緒なんです。

大手キャリアは、通信回線の設備投資などがあるため、その投資に対する回収があるので、月々の利用料が高く設定されているんです。

ただ、格安スマホに乗り換えると、大手3社キャリアのキャリアメールと呼ばれるメールアドレス(メアド)を使っている場合には、格安スマホでは使えなくなってしまうデメリットがあります。

しかし、家計の中の通信費を抑える場合には、大手キャリア契約のスマホを格安スマホにするだけで、場合によっては1/3以下にすることだってできます。

どのくらい安くなるのか?大手キャリア vs. mineo

どのくらいスマホ料金に差があるのか見てみましょう。

大手キャリアの一般的な契約とmineoを比較して見ます。

出典 mineo 格安スマホはなぜ安いの? https://mineo.jp/beginner/q2.html

出典 mineo 格安スマホはなぜ安いの? https://mineo.jp/beginner/q2.html

mineoにするだけで、1/2以下に月額利用料を抑えることができます。これが家族4人だとしたらどうでしょうか?

月々14,000円以上もの通信費を削減したことになります。

このケースでは、データ容量3GB、10分かけ放題オプションを申し込んでいますが、このかけ放題通話オプションを外すとなんと月々1,600円になり1/3以下になります。4人家族なら17,600円の削減になります。

ただ、データ容量は家族のメンバーごとに必要な容量が異なると思います。

家族一人ひとりのデータ容量を把握する

データ容量ってどのくらい必要なの?

家族がスマホを何に使っているか考えてみる

まず、家族のスマートフォン(スマホ)の使い方で、主にどのような用途に使っているのか調べてみましょう。

どんな用途にスマホを使っているかで、どのくらいのデータ容量が必要なのかある程度確認することができます。

例えば、お父さんやお母さんは動画などはあまり見ず、お父さんは通勤中にちょっと動画をみたり英会話レッスンや新聞の電子版を読んだりすることが考えられます。

お母さんはツムツムなどのゲームをママ友と楽しんだり、最新楽曲ランキングなどのミュージックストリーミングなどがメインとしての使い方が考えられます。アマゾンビデオなどの映画を愉しむこともあるかもしれませんね。

子ども達と言えば、やはりYouTube、TickTockなどの動画やFacebook、Twitter、Line、インスタなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)をメインとして使っているのが一般的です。

全てをカバーしようとすると、契約するデータ容量は膨大になります。

必要なデータ容量

データ容量を最も必要とするものは、動画再生です。

次にミュージックストリーミング、そしてSNSやゲームになります。

大小を表現すると、こんな感じ。

YouTubeなどの動画 > ミュージックストリーミング > SNSやゲーム

もちろん、使い方やアプリによってもこの大きさは変動します。

  動画・映画視聴に必要なデータ容量

YouTubeを毎日何時間も見ていると、1ヶ月で20GBくらいのデータ容量は必要になります。自宅で動画や映画をみる場合には、自宅のインターネット回線を使ってWiFiで接続して動画をみることをおすすめします。

もし、自宅にインターネット回線が無い場合には、この後に使い放題プランを紹介していますので、そちらを参考にしてください。

  ミュージックストリーミングやLINEトーク  

ミュージックストリーミングやSNSでは、動画ほどのデータ容量は必要としません。ミュージックストリーミングは、どの程度音楽を聴くのか、ダウンロードしてなんども聴くのかによっても大きく必要なデータ容量は異なります。

目安としては、
LINEトーク:1GBプランでできるLINEのトークは、500,000回程度。
音楽ストリーミング:1GBで聴ける音楽は、850時間程度。

 音声通話はLINE通話がメイン

音声通話は、LINEで通話するのがメインの使い方の場合は、1GBあたり55時間くらいが目安

  Webページの表示

Webページの表示は、表示するページで異なりますが、概ね1GBで3000ページ開くことができます。

みんなどのくらいのデータ容量で満足してるの?

出典:株式会社MMRI総研 スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態(2015年12月)https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=14

出典:株式会社MMRI総研 スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態(2015年12月)https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=14

これは、MMRI総研のスマートフォン調査です。このデータから判断すると70%の人が5GB以下のデータ通信量だということを示しています。

四六時中動画をLTE回線で観ることがなく、自宅にインターネット回線がある場合は、LTE回線のデータ容量を使うことが無いので5GBで十分です。

スマホの使い方として、動画以外の使い方なのであれば3GB程度でも十分という人は多いのが現状のようです。

カウントフリーオプション

出典 Biglobeモバイル エンタメフリーオプション https://join.biglobe.ne.jp/mobile/option/entamefree.html

でも、最近では幸いなことに、動画やミュージックのカウントフリーというオプションがあり、特定のアプリやサービスでのデータ通信がデータ容量のカウント対象外になるというオプションです。

このようなオプションをうまく活用することで、大容量の契約をせずとも比較的安価な契約にすることができるので、こういったオプションは積極的に使いたいものです。

このオプションは、データ容量のカウントを対象外(フリー)にするオプションであって、動画などを楽しむ場合には個別に動画などのオプション契約が必要になります。

エンタメ系(動画・音楽)カウントフリーおすすめ格安スマホ

BIGLOBEモバイル  

エンタメフリーオプション
最大3ヶ月無料キャンペーン中
価格 オプション価格:
音声SIM:480円/月
データSIM:980円/月
対象サービス
動画配信 YouTube
Abema TV
U-NEXT
YouTube Kids
音楽・ラジオ配信 Google Play Music
YouTube Music
Apple Music
Spotify
AWA
Amazon Music
LINE Music
Radiko.jp
らじる★らじる
コミュニケーション Facebook Messenger

BIGLOBEモバイルは、動画のみならず、音楽、ラジオを含め、幅広くエンターテイメント系のデータ容量を抑えられるのが特徴です。動画や音楽アプリをよく利用する人には特におすすめです。

BIGLOBEモバイルの格安スマホはこちら

SNSカウントフリーを提供しているおすすめ格安スマホ

DMMモバイル  

SNSフリーオプション
料金 オプション価格:250円/月
対象サービス Twitter、Line、Facebook、Facebook Messenger、Instagram

SNSのカウントフリーを提供しているのは、DMMモバイルだけ。SNSのヘビーユーザーは、DMMモバイルがおすすめです。
【DMMモバイル】業界最安値水準

ミュージック系カウントフリーを提供しているおすすめ格安スマホ

OCN モバイル ONE  

ミュージックカウントフリーオプション
料金 オプション価格:追加費用なし
対象サービス ANIUTA、Amazon Music、AWA、dヒッツ、Google Play Music, LINE MUSIC、Spotify、ひかりTV Music

なんと、OCNモバイルoneからMusicカウントフリーサービスが登場し、追加費用なしで利用することができるのは驚きです。

これで、音楽のストリーミング再生に対しては、データ容量のカウント対象外になります。

OCNモバイルONEの格安スマホ

動画視聴には「使い放題」プランがおすすめ!

LTE使い放題プラン

動画視聴はもっともデータ容量の消費が大きい代表格です。やっぱりYouTubeなどの動画って面白いですよね。一度見ると止まらないので、月のデータ容量をすぐに使い切ってしまいます。

映画好きな人も最近では、HuluやNextflix、U-NEXTといった映画コンテンツも充実しているので、自宅のTVで視聴したり、通勤中にスマホで視聴したりとどこでも映画が観られるになりました。

どちらもダウンロードして楽しむこともできるんですが、自宅に常時ネット回線やWiFiがないなどの場合には、LTE使い放題プランがおすすめです。どれだけ使っても使い放題なので、データ容量を気にする必要がなくなり、月額が定額なのが嬉しいです。

ただし、事業者によっては3日間のデータ通信容量などの制限がある場合があるので、完全な使い放題ではありません。

使い放題プランがあるおすすめ格安スマホ

格安スマホ プラン名 価格
おすすめ
NO1
DTI SIM   ネットつかい放題(音声プラン) 2,900円
ネットつかい放題(データSMSプラン) 2,350円
おすすめ
NO2
U-mobile   LTE使い放題 2,980円
USEN MUSIC SIM 2,980円
U-mobile for iPhone 2,980円
スマモバ   LTE使い放題(音声通話付きSIM) 3,480円
楽天モバイル   スーパー放題(*:厳密的には使い放題ではありませんが、通信制限中でも1Mbpsでデータ通信が可能) 2,980円
1,480円(楽天会員割と長期割併用時)

DTI SIMの「ネット使い放題」は当サイトの管理人も実際に使ってみて、特におすすめする使い放題プランです。1日の通信量や3日間合計の通信量による通信制限が無いに等しく、非常に快適です。

DTI SIM ネット使い放題のレビューは、以下を参考にしてください。

格安SIMのプランの中でも、つかい放題プランがある格安スマホ事業者は数少ないのが現状です。 DTIのつかい放題プランは、業界最安、通信速度も高く、使い勝手が最高です。そんな最強の格安SIMを詳しく解説します。データ通信容量が足りないと感じている方は必見です。

家族割引

ファミリー割引とファミリーシェアプラン

家族のスマホなどの通信費を抑える方法として、家族それぞれのスマホを格安スマホに乗り換えることが最も簡単な方法です。

その他、格安スマホでもファミリー割引がある格安スマホがあります。

ファミリー割引は、大きく分けて2種類あり、1)学生割引などの家族割引と2)家族間のデータ容量シェアに分けられます。

家族割引は、子どもの学生割引や家族まとめて契約することで、月々の通信費がお得になる割引サービスです。あとは、複数回線目から割引が適用されるサービスもあります。

一方、家族間のデータ容量シェアは、家族分のSIMを発行できて、家族みんなで家族のデータ容量をシェアするというサービスで、月々の利用料をお得に使用できるケースもあり、家族のデータ利用を有効に効率的に使うことができるのがメリットです。

データ容量を家族で効率的に使用することで、結果的に家族全体のスマホ代を安くすることが可能になるというもの。さらに、毎月データ通信容量のボーナスをもらえるファミリープランもあります(Nifmo)。

家族データ容量シェアを提供する格安スマホ事業者(MVNO)

格安スマホ名 プラン名 最大追加SIM枚数 特徴
BIGLOBEモバイル   シェアSIM 合計5枚 音声通話3GB以上のSIMで6ヶ月間400円とエンタメフリー無料(3ヶ月)、更に事務手数料無料の破格のキャンペーン実施中
エキサイトモバイル   3枚コース 合計5枚(3枚コース+2枚まで)
おすすめ
NO2
IIJmio(みおふぉん)   ファミリーシェアプラン12GB 合計5枚 ファミリー通話割引で家族間通話が最大60%OFF
DMMモバイル   シェアコース 3枚 音声・データSIM3枚組み合わせ1,360円〜(1GB〜20GBまでシェア可能
おすすめ
NO1
NifMo   ファミリープログラム 7枚 最大7契約まで可能。
500MB x 契約数のボーナスプレゼント(毎月1日)
子どものNifmo利用が可能

家族割引や複数回線割引を提供する格安スマホ事業者(MVNO)

格安スマホ プラン名 特徴
おすすめ UQモバイル   ファミゼロ学割 学生とその家族が最大3ヶ月間無料になるキャンペーン。更に、なんと新中高生なら5ヶ月間無料になる。合計で14ヶ月ぶんが0円に!65,220円分がお得。
楽天モバイル   2回線目から3ヶ月基本料金0+端末1万円割引 2回線目の契約が3ヶ月間0円!更に、スマホ端末価格1万円割引が付いてくる。

UQモバイルの家族割の割引率はかなりお得。親会社がauなので、今までauを使ってきた人には抵抗なく使えと思います。

Wi-Fiスポットなどの付帯サービスやオプションサービスが充実しているので、大手キャリアと遜色ないサービスでおすすめです。

子どものスマホは、月々の通信費よりセキュリティが大事って話

サイバー被害は中学生と高校生に集中!

今も昔もお母さんが家計をみている家庭が多い中、お母さんは月々の通信費を安くしようと目が行きがち。

でも、月々の通信費を気にするよりも、子ども達に対してはセキュリティの方がもっと大事だと思います。

子どもがスマホに関係する事件に巻き込まれるケースが多くなってきています。

参照 警察庁 広報資料 平成27年における出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について https://www.npa.go.jp/cyber/statics/h27/h27_community.pdf

子ども達は実際にスマホで事件に巻き込まれたりするような経験がない子が圧倒的に多いし、自分がどんな危険なことをしているのか、無防備なのかも分かっていません。だから、平気で危険なことをやってしまうんです。

友達と一緒なら。。。友達がやってるから。。。こんな気持ちで警戒心を持たずに危険なバイトにスマホで申し込んだり、悪意あるものとコミュニケーションをとったりするようになります。

一方、大人になるにつれて、スマホに関する様々な事件や被害の情報によってスマホに対する警戒心が育ってきます。

一番気をつけなければいけない年頃が、実は中学生と高校生なんです。

中学生と高校生は、受験を終えて親から受験のご褒美にスマホを与えられることも多く、今では97%以上もの高校生がスマホを持っているというデータもあります。

スマホのコミュニケーションはトラブルや危険が一杯

高校生になると、心も体ももうすでに大人です。

中学生や高校生は、受験を終えて自由になったという気持ちもあり、友達とのコミュニケーションも活発になって行きます。

SNSは、友達とのコミュニケーションツールとして非常に優れたツールである一方で、不特定多数の悪意を持った人と繋がることができてしまう恐ろしい一面も持っています。

スマホを使ったコミュニケーションで、一番犯罪に巻き込まれるのが、グラフからも分かるように中学生と高校生なんです。

高校生に限らず、今や小学生からスマホを持つ時代なので、子どもに対する犯罪などの脅威や子どものセキュリティを親が考える必要、責任があると思います。

悪意を持った人とSNSで繋がることを制限することは完全にはできないのですが、書き込み型の掲示板サイト、出会い系サイトなどをフィルタリングすることができるので、親としてできることはやっておきたいものです。

さらに、SNSでのコミュニケーションでは、友だちとの間でもトラブルになったり、SNS上でのいじめがあると、インターネット上なので気づきにくいという特徴があり、気付いた時にはかなり精神的な傷を負っている傾向にあるんです。だから、日頃から親がSNSのコミュニケーションを気にかけておく必要があります。

最近では、Filli(フィリー)というサービスがあり、SNS上の発言やメッセージを解析し、危険なメッセージだと判断すると、親にメールを発信したり、どんな人と繋がっているのか「繋がり分析」で繋がっている人を把握できるサービスがあります。
Filiiをオプションで提供している格安スマホ事業者は、mineo
UQモバイル  で提供しています。
もちろん、これら格安スマホでなくともFiliiを利用することが可能です。

とは言え、スマホはとっても便利でいいところもたくさんあります。

言わずもがな友達とのコミュニケーションや、時にはゲームをしてストレスを発散することも重要です。

あれはダメ、これはダメとすべて制限してしまうのではなく、スマホのいいとろや便利なところはどんどん利用しましょう。

これからの時代は、スマホとうまく付き合っていく必要があると思います。

下リンクの記事では、子ども向けのスマホでセキュリティオプション(iフィルター)が無料で使用できるLINEモバイル  の紹介をしています。

その記事では、iフィルターの紹介、使い方を紹介しています。

是非参考にしてください。

最後に

家族のスマホ代をいかに安くするかを考え、一部始終をご紹介しました。でも、家族にお子様がいる場合には、スマホ代を安くして家計を楽にすることも重要なのですが、子どもに対する犯罪などに対する脅威やセキュリティを考えることの方がもっと大事だと思っています。

今まで、そんな脅威やセキュリティについて対処していなかった場合には是非参考にしていただきたいと思います。