格安スマホのメリットとデメリット

格安スマホのメリットとデメリット

格安スマホを使う前に、格安スマホのメリットとデメリットをきっちり理解しておきましょう。

こんなはずじゃ無かったなんてならないように、格安スマホを知り尽くして、そして家計の通信費を安くしようじゃありませんか。

と言うことで、まずは「格安スマホのメリット」から行きます。

格安スマホのメリット

格安スマホのメリット

月額利用料が大幅に安い!

一番のメリットと言えば、なんと言っても月々の通信費が大幅に安くなることですよね。格安スマホにしようと思った理由は、おそらく月々の通信費を安くしたいからだと思います。

はい、そうです。格安スマホは、家計を救います。

NTTドコモの料金

キャリアからは、NTTドコモの料金を取り上げてみました。

ドコモの料金

出典:NTTドコモ 料金の仕組みhttps://www.nttdocomo.co.jp/charge/packet_service/datapack/?icid=CRP_CHA_packet_service_to_CRP_CHA_packet_service_datapack

格安スマホ・SIMの料金

格安スマホ代表は、OCNモバイルoneです。

OCNモバイルone料金

出典:OCNモバイルone 格安SIMカード料金プラン https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/sim.html

料金の比較

ドコモとOCNモバイルoneとの料金比較

ドコモとOCNモバイルoneとの料金比較

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の通信料はほぼ横ばいで、プランにもよりますが、概ね4000〜6000円/月のようです。これに、端末代が合わさると、8000円〜9000円になるケースもあります。

一方、格安スマホは、例として、OCNモバイルoneの場合には、1対1で比較は出来ませんが、データ通信容量が110MB/日、月に換算すると、3.3GBくらいになります。もう一つ例として6GB/月のプランと比較しています。

この比較からも分かるように、格安スマホにするだけで、月々の通信費用が約半額以下になるんです(*)。

なんだかキャリアのスマホを使うって馬鹿らしく思ってきますよね。

(*)データ通信プランや家族割、音声通信、オプションなどにより差額は変わります。

キャリアの通信プランと格安スマホの料金プランに家族割があるので、家族で入るとそれぞれお得な利用料金になります。

通信プランのバリエーションが豊富

比較的キャリアに比べて、通信プランのバリエーションが豊富です。特に、データ通信容量のサイズによって細かく設定されていたり、格安スマホ事業者自体がそもそも乱立状態なので、プランがたくさんあり、これら格安スマホから自分にピッタリなプランを選ぶことができるんです。

おしゃべりな人は、かけ放題プランや、YouTubeが好きな人は動画見放題やデータ通信使い放題プランがあります。

特に、データ通信の各容量プランが豊富です。

データ通信容量が大きいプランでもすごく安いので、キャリアとの契約より自由にインターネットを楽しむことが出来ちゃいますよ。

こう言ったたくさんあるプランから選べるのはメリットである反面、選ぶのが大変だと言う声があります。

そんな時は、このサイトで自分にピッタリな格安スマホを簡単に見つけられるはずです。

2年縛りがない!

最低契約期間がある格安スマホもありますが、基本どれも期間はそれほど長期ではありません。

ものによっては、1年と言うものもありますが、基本は契約縛りは1年以内で、それ以降はいつ解約しても違約金が発生しないんです。2年契約などの自動更新もありません。

スマホが安い

格安スマホは、キャリアで販売している端末よりも、ラインナップは比較的多めです。

キャリアで販売している端末は、最新機種であることの方が多いと感じます。

同じ端末同士を比べた場合でも、キャリアで販売されている端末の方が高いんです。MVNOで販売されている端末は、比較的安価な端末が多く、かと言ってスペックがものすごく低いわけではないので、性能重視の方以外はほとんど使用に問題ありません。

また、格安スマホを購入する時には、キャンペーンを利用することをおすすめします。キャッシュバックなどでお得に端末をゲットすることも可能です。

持っているスマホを活用できる

一方で、キャリアで販売しているスマホは、月々割などで割引率が大きい反面、通信料が割高です。スマホを購入しない人や、スマホを長く使いたい人にとっては、通信料が無駄に高いと感じます。

格安スマホでは、今持っているスマホや古いスマホを活用したり、気に入っているスマホを長く使い続けられるし、キャリアのように端末料金分高くした通信料をいつまでも払わなくてもいいんです。

格安スマホのデメリット

格安スマホのデメリット

通信の品質が低い

これは、よく誤解されることなんですが、格安スマホは遅いと言われます。ですが、通信速度はそれほど遅くはないんです。ただ、通信帯域が狭いんです

だから、結果として、通信速度が遅くなる時間帯や場所によって遅くなってしまうんです。

これは、何を言っているかと言うと、よくたとえ話として高速道路が挙げられます。高速道路は80km/hまで出せるのですが、高速道路の車線数が少ないと、混雑しやすいですよね。

結果として、80km/hまで出せる高速道路でも、渋滞してしまうと速度が出せないと言うことなんです。

格安スマホの事業者は、キャリアから通信回線を借りているため、その車線数が限られているんです。だから、通信が混雑する時間帯やユーザーが多くなると、渋滞してしまうことが多いわけです。こうして通信速度が遅いと感じてしまうんです。

もちろん、格安スマホでもこの通信帯域を十分確保しつつ、十分な通信速度を提供している業者もあります。

店舗やサポートデスクがない

格安スマホを提供している事業者の実店舗が無いか、かなり数が少ないのが現状です。格安で携帯電話サービスを提供している反面、こう言った実店舗やサポートデスクが十分では無い点が最大のデメリットです。

サポートデスクが無いか極端に少ないため、ある程度自分で問題を解決する必要があります。例えば、SIMカードが届いた時に、スマホの設定なども自分で行わなければいけません。

でも、安心してください。

このサイトでは、誰でも設定ができるように、かんたんに説明しているので心配ご無用です。

電話代が高い?

最近は、格安スマホでも安くなってきています。

おしゃべり好き、仕事で毎日電話する人、彼氏・彼女と毎日電話したいなんて人もいると思います。そんな時は、5分や10分以内なら何度でもかけ放題プランや、無制限のかけ放題プランもあります

キャリアと比べても遜色ないプランになっています。むしろ、音声通話対応の基本料は、格安スマホの方が安くなっています。

だから、「格安スマホは電話代が高い」と言われているのは、都市伝説になりつつあります。

電話利用料 掛け放題プラン
NTTドコモ 20円/30秒

家族間無料

980円

カケホーダイプラン(24時間いつでも)

カケホーダイライトプラン(5分以内無料)

格安スマホ

(例:OCNモバイルone)

20円/30秒

700円

10分かけ放題

トップ3かけ放題(国内通話料上位3番号無料)

かけ放題ダブル

最新のスマホがキャリアに比べて少ない

格安スマホは、基本的に中華系のSIMフリー機が多く、iPhoneや日本メーカーのスマホ機種が少ないのが実状です。

iPhoneを取扱っている格安スマホは少なく、あったととしても、最新機種ではなく、何年か前のモデルが販売されている場合が多いですね。

キャリアで使用していたiPhoneを、そのまま格安スマホとして使用するケースの方が多いと思います。あるいは、中古でiPhoneを購入して、格安SIMを契約して格安スマホとして使うケースが多く、基本的には最新機種を格安スマホで使う人は少ないと思います。最新のiPhoneを格安スマホとして使う場合は、アップルストアでSIMフリー版iPhoneを購入する必要があります。

サムソンのスマホは、ほとんどのMVNO(格安スマホ業者)で取り扱っていませんし、HUAWEIについては、最新機種であるフラッグシップモデルが、キャリアからしか販売されていない状況です。

キャリアのメールが使えない

キャリアで携帯電話を契約すると、キャリア専用のメールアドレス(xxx@docomo.ne.jpなど)が付与されますが、格安スマホにすると、このメールアドレスが使えなくなってしまいます。

自分で、Googleのgmailやアップルのicloudメールなどを使用する必要があります。

gmailなどは、ずっとアドレスが変わらないので、格安スマホにした際にはgmailのアカウントを作成することをおすすめします。

格安スマホの通信事業者が潰れる可能性がある

格安スマホの通信事業者は、キャリアほど大きな会社ではないので、経営が悪化すると潰れてしまう可能性はあります。

でも、それほど深刻に考える必要はなく、今使っている携帯電話番号がすぐ使えなくなるケースはないです。

まとめ

格安スマホのメリットは何と言っても月々の通信料が安いこと。2年縛りがないなどのメリットがあり、一方デメリットは、通信速度や実店舗がないなどキャリアが得意としている部分です。

店舗がないと言っても、サポートがないわけではないので、それほどデメリットに感じることもありません。

これらメリット、デメリットを理解した上で、格安スマホを使い尽くしたいですね。

是非、参考にしてください。