格安SIM乗り換えで失敗。。。このスマホ、au回線に対応してないの?!

au回線に対応してない

SIMロック解除をすれば、どんな回線でも使えるようになると思っている人は少なくないでしょう。筆者もそんな風に考えていました。

初めて格安SIMに乗り換えた時に、SIMロック解除したからどこでも使えるでしょ!とたかをくくっていたんですが、いざ使ってみると音声通話が使えないってことに。。。

あれ?えっ?!どうして???

結局、プラン変更して対応せざるを得なかったという結末に。。。

そんな筆者の失敗談の一部始終をご紹介します。

SIMロック解除したからといって安心できないので、格安SIMに乗り換える際には、是非、この記事を参考にしてみて欲しいです。

おさらいから、SIMロック解除とは?

SIMロック解除とは?

大手キャリア3社の携帯電話やスマホ端末は、例えば、ドコモのスマホはドコモのSIMカードしか使えないように制限を掛けているんです。

こうすることで、他社のSIMカードが使えないようにし、自社のSIMカードしか動作しないようになっています。

これが、「SIMロック」と言われるものなんです。

つまり、自社の携帯電話端末と自社のSIMカードに鍵を掛けている状態です。

このSIMロックにより、簡単に他社のサービスに乗り換えができないように、契約者の囲い込みをしていたわけです。

この鍵を外すことが、「SIMロック解除」といって、SIMロック解除された携帯端末は、「SIMフリー端末」と言われます。

SIMフリー端末では、自由にキャリアを選べたり、海外旅行などで外国で現地のSIMカードを使ったりすることができるようになります。

2015年5月以降、総務省はそれ以降販売される全ての携帯電話やスマホ端末のSIMロックを解除できるように義務化したことで、大手キャリア3社は、ほぼ全ての携帯電話端末のSIMロック解除の手続きを受け付けています。

大手キャリア回線の種類

大手キャリアの回線は異なり、au回線は特別

大手キャリア3社(ドコモ、au、ソフトバンク)が使用している回線は、実は使用している無線の周波数が異なるんです。

だから、格安SIMを販売する事業者も、ドコモ回線、au回線とソフトバンク回線とそれぞれ区別して提供しています。

スマホの対応する無線周波数(バンド)

それぞれのキャリアの回線は、使用している無線電波の周波数(バンド)が異なっているんです。

大手キャリア3社は、自社の音声通信品質やデータ通信の品質を担保して、品質の高いサービスを提供しようという目的もあり、SIMロックを掛けて自社が販売するスマホと自社の通信回線しか動作しないようにしているんです。

つまり、大手キャリアそれぞれのスマホは、使っているバンドが違うってことです。

大手キャリアが販売するスマホは、その通信回線が使用するバンドにカスタマイズ(専用に調整すること)しているので、他社が使用する通信回線のバンドには対応していないこともあるんです。

au回線は特別!

au回線は、特に厳しくau回線に繋がる端末を監視して、au回線に対応した端末しか接続できないようになっています。

だから、au回線を契約する際には、きちんと対応機器リストから自分の端末が対応しているか確認することを強くおすすめします。

au回線プランが使えない?!

私は、特に何も確認もせず、「SIMフリー端末だから」、「おっ!au回線の方が安いじゃん!」というのりで、au回線を契約したところ、契約したSIMカードが届き、いざSIMカードを挿入してみると、「回線がありません」となって、使えないというトホホな経験をしました。

特に、SIMフリー端末でも古いスマホは要注意です。

結局、au回線からドコモ回線へのプラン変更をしました。

プランの変更で余計な手数料や新しいプラン用のSIMが送付されるまで数日かかるという始末です。

その間、スマホが使えないという結果になりましたので、対応機器のリストをきちんと確認して、安いからという理由だけでプランを選ばずに、きちんと対応している回線を選ぶようにしましょう。

大手キャリア3社の回線全てに対応している格安スマホ事業者がある!

大手キャリア3社の回線に対応している格安スマホ事業があります。

mineo(マイネオ)では、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線全てに対応しています。

すべての回線に対応しているから、自分が持っているスマホのタイプに合わせて回線を選択できるので、よく分からない人は、このmineoで契約することをおすすめします。

そして、対応機器リストを調べて、自分のスマホはどの回線に対応しているのか確認して契約するだけなので、簡単にまた確実に対応する回線プランを契約することが可能です。

お手持ちのau、ドコモ、ソフトバンク端末がそのまま使えて安くなる

最後に

キャリアが販売するスマホ端末は、それぞれ使用しているバンドが異なっています。そのため、別のキャリアでは使えないという事態も起こります。

私のスマホは、SIMフリー端末ですが、au回線が使えず、結局ドコモ回線にプランを変更することになってしまいました。

無難なのは、キャリア端末をSIMロック解除した場合でも、そのスマホで以前に契約していたキャリアと同一の回線を選んだ方がいいと思います。

なぜなら、キャリアは自前の回線に最適化させているので、キャリア端末とその回線を合わせて使用することが最も性能を引き出して使うことができるからです。

今では、mineo(マイネオ)が、キャリア3社の回線に対応しています。

自分のスマホの回線タイプを調べるか、対応機器リストから、対応するプラン(回線)を選んで契約することをおすすめします。

私のような失敗はしないようにしましょう。